マッチ絵の家


◆ カトラリー展、作品&作家さん紹介・小山剛さん
木工作家さんです。

b0183564_17552516.jpg

ぐい呑み

b0183564_17553745.jpg
黒柿匙4種

b0183564_17554561.jpg
黒檀匙2種とピック

b0183564_17555081.jpg
小皿2種  楡 ・ 胡桃に黒漆




小山 剛   (koyama gou ) blog
木工藝小山 (もっこうげいこざん)

1983年  新潟市出身 飛騨国際工芸学園で木工の基礎を学ぶ
2004年  谷 進一郎氏に師事  (5年間)
2010年  軽井沢町にて独立  
2013年10月 初個展 【刻】(東京 西麻布 R )



2012年の松本クラフトフェアで小山さんと出会いました。
人懐っこい明るい笑顔でお客さんを迎える
小山さんの姿が、まず好印象、好青年だったのを憶えています。

そして、作品を見ると私は、笑いが込み上げてきました。
紙のように薄い小さな拭きうるし仕上げのトレイや
流線形のやはり怖いくらいに薄い椀、(しかも虫喰いだか?腐食により出来ている細かい穴達も残して)
桜で作られ横長で大きな(適度な深さの)鉢?
どれも、相当な時間をかけ、セオリーを無視したよう(薄過ぎたり)な作品たち
一目見た時に 木工の作品で見たことのない存在感と違和感が
私を笑わせたのだと思います。
しかも、それが美しい!
骨董品のような、アフリカで作られたモノたちのような
根源的な美しさがあるのです。
その時、購入させて頂いたのがDMに使わせてもらった匙になります。

繊細&プリミティブという矛盾したような言葉が
小山さんの作品には同居出来ているのだと思います。
手にとってじっくりとその美しさと怖さを味わって頂きたいと思います。











   



[PR]
by match-ee | 2014-09-09 18:51 | information | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matchenoie.exblog.jp/tb/23350597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カトラリー展、作品&作家さん... カトラリー展、作品&作家さん紹... >>


カテゴリ
マッチ絵
information
新入荷
「マッチ絵の家」の日々
CAFE MENU
cafe・季節のメニュー
about cafe
童画:竹田竹太朗の作品
友達・リンク
その他

ファン

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

about マッチ絵の家
backnumber
マッチ絵の家(たくみの里内)
address
〒379-1418
群馬県利根郡みなかみ町須川758
TEL/FAX 0278-64-2481

open-close
営業時間:9:00~17:00(16:00)
定休日:木曜日

calender
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31